HOME > セッション

セッション

現状に合わせて活用する

セッション

セッション風景
 

1対1、あるいはグループで行うセッション。
講座では、テーマごと、ましくは連続した内容で系統立てて順番にセンスを磨くことができます。
セッションは、そういう講座とは異なり、ある意味 オーダーメイド
今の現状に即して、あなたや組織に起こっていることや目標、課題について、定期的に会話を行います。

そのため、その時々に必要なものを適切に気づくことができ、
自分だけでは気づきにくいことに着目し、あなたや組織の変化・前進するスピードを上げることをサポートします。

確実に結果を創る、より効果的にタイムリーに前進することができるようになります。

テーマ例

日程・料金・詳細案内 は、主催者に直接お問い合わせください。

問い合わせフォームへ

個人セッションを受けて(体験談)

ある歯科医院、院長の場合

藤田さんののコーチングの個人セッションを受けました。

実は、コーチングという言葉はずいぶん前から知っていました。
でも、藤田に会い、すぐにコーチングをお願いしたかというとそうではありませんでした。
今の自分には必要ない。
そう感じていたからです。

当時の私は、色々と取り組んでいました。

最新・最良の医療技術を患者さんに提供する。
そこに基づく、スタッフ教育をどうすればいいのか。
患者さんに提供するときにはどうすれば伝わる話し方になるのか、などなど。

もっといい病院にして、それを患者さんに伝えよう。
そう思い、色々なやり方を習い使っていました。

でも、開業して10年目になるくらいになると、少しずつ中だるみをしてきました。
日々の診療にまみれて、無意識、無自覚のうちに、細かいところに気が回らなくなり、
やりがいがあり夢中になっていた仕事も、あまり熱が入らなくなっていったのです。

それと同時に、医院の中の雰囲気も重いものになりました。

ちょうどそのころ、偶然、藤田を知る機会がありました。
「あれ、私の知っているコーチングとちょっと違うぞ」と感じたのは、
たまたま藤田さんとの雑談の中で発した言葉でした。

会話の中で、スタッフがなかなか成長しないということを打ち明けたのです。
元々、うちの医院では、スタッフがそれぞれやりがいを見つけ、
各々の好きな分野で成長するという場を提供するというスタンスで人材育成を行っていました。
実際に、それぞれが目標を持って成長しているし、
ホワイトニングや経営などの講師としてセミナーに呼ばれたり、講座を開いたりしていました。

ただ、そういうスタッフもいる中、どうしても一人だけこちらの思うように成長しない。

2年間、色々と手を尽くしてきましたが、これ以上どうすればいいかわからない。
医院の経営も低調なため、このままだと解雇しないといけない。
でも、できるなら彼女自身には成長して一緒にやっていきたい。
このような話をしました。

「では、スタッフに対しての先生のあり方から見つめてみてもいいかもしれませんね」

それまでコーチングは、質問術という認識でしたので、
あり方を見る、『やり方ではなく、質へアプローチする』という答えに驚きました。
このコーチングは、他のものと違うかもしれない。そう思いコーチをお願いしたのです。

実際に受けてみて

実際にコーチングを受け、その会話の中で私自身のあり方を見つめました。
色々なことが見えてきました。

その中の一つに、私がスタッフを『できない人』『やらない人』と接していたことに気づきました。
そこで、今まで『できない』と接していた事を謝り、『一緒にやっていこう』と伝えると、関係が変わっていきました。

あれほど成長しないとしていたことが、1カ月後には、ほぼ問題のない状態になっていたのです。
今では、一番の右腕、信頼して話せる相手となっています。

これらの体験を通して、私自身が非常に軽く、楽になりました。
患者さんにもスタッフにも、私の周りにいるすべての方とのコミュニケーションが変わりました。
実際、スタッフに聞くと、仕事がしやすくなった、患者さんと話してもいいと思える、
今までは何となく重かったものが無くなった、と言ってもらえました。

スタッフとの関係が変わったので、院内の雰囲気が大きく変わりました。
それは患者さんにも波及して、医院の経営も向上しました。

セッションを受けて本当によかったと思います。
患者さんやスタッフ、私の周りにいる人に、無意識に大きな影響を創っていると知ったからです。

さらに、意識するとその部分での影響をプラスにすることもできるし、
自分が苦手だと思っている、できない、やるのが怖いと思っていることに対しても
自分で取り組んでもいいかもとなりました。
これは、私にとってはすごく大きな違いで、
自分でやりたいことができ、もろもろの嫌なところは、逆に解消する方向に持っていける。
これだけでも、取り組んでよかったと心から思える部分です。

問い合わせフォームへ

just ask .

プロフィール

心を開くコミュニケーション講座

更新履歴

14/5/1

新刊心をつかむ医療コミュニケーションが発売されました。 just ask . ask synonym . .

Page Topへ