HOME > 得られる効果

得られる効果

コミュニケーションを磨くことで、できること

a. 患者さんにあなたができること

何でも話せる安心感を得て、医療者を信頼することができる。
それによって、患者さんが

 

b. 患者さんの家族にあなたができること

 

c. あなた自身に起こること

 

d. リーダー(院長・主任など)ができること

 

e. 医院全体に起こること

 

<医療現場のコミュニケーションに大切な5つのキーワード>

キーワード

1 アップセット

不安、辛い、怖い、あせり、困惑などの感情にとらわれて、適切な判断や行動ができない状態のこと。

2 聴くことで生まれる効果

ただ聴くことで、お互いの感情を横に置くことができる。
そのことで、自分でも気づいていない思いが湧いてきたり、本音を言うことができる。
感情にとらわれず、適切な判断や行動ができるようになる。

3 パートナーシップの関係

受身や依存的な関係ではなく、
「何でも話せる」「何を言われても、その関係は崩れない」という関係。

4 相手が行動を起こす伝え方

言われたから行動するのではなく、相手が自発的に行動を起こすコミュニケーション。
指示や命令ではない伝え方。

5 抵抗のメカニズム

新しい行動を、やりたい、やめたいにもかかわらず、
「意味がない」「自分には無理」など、あらゆる言い訳を使って
行動や成果が出るのを止めようとするメカニズム。

(藤田菜穂子作成)

 

プログラム監修者

岸 英光

岸英光

プログラム監修者・ビジネスコーチ
コミュニケーションで、相手から結果につながる探究と行動を引き出すことができます。
今や、このスキルはビジネス・教育・医療・福祉等、あらゆる分野で活用されています。
特に、医療の現場では、患者とドクター、スタッフの関係が非常にダイナミックかつデリケートです。
そのような中で、信頼関係の上に患者が主体的に治療に取り組み、
しっかり指導を守り、クレーム等が減る。
医療従事者も仕事に誇りを持ってイキイキと主体的に的確に取り組む。
そんな現場になるかは、まさに効果的なコミュニケーションが行われるかどうかにかかっています。
ここで学ぶセンスはどれも、間違いなくその大きなパワーとなります。

プロフィール

心を開くコミュニケーション講座

更新履歴

14/5/1

新刊心をつかむ医療コミュニケーションが発売されました。 just ask . ask synonym . .

Page Topへ