HOME > 理念・方針

理念・方針

コミュニケーションで患者さん・家族・医療者をサポートします

コミュニケーションってむずかしい!?

  これらのことは、コミュニケーションで改善することが可能です。

 

理念・方針

心が通う医療を目指して

医療現場では
「患者さんが緊張や不安な状態であることを前提に、コミュニケーションを行うこと」
「患者さんの思いを感じ取ること」
「何でも話すことができるパートナーシップのある人間関係」が大切です。

その上で「患者さんの行動を引き出すかかわり」をしていくことで治療効果が高くなります。

コミュニケーションは相手があってのことなので、
「こう言えば患者さんの心が癒される。指示が通る」 というような魔法のフレーズはありません。

その一方で、医療者の一言や思いやりからの行動で、患者さんの心が癒される。
前向きな気持ちになることが起こることも事実です。

私自身も患者の立場で
「手術する必要があるのだろうか?手術日もすでに決まった今になって、先生に相談する
ことはできないし……」
と困ったことがあります。

しかし術前検査の際に主治医は「何でも話せる」と私が感じる状態で対応してくださったおかげで、
自分の想いをそのまま伝えることができました。
そしてそれを受けた主治医と会話を通して「手術をお願いしよう」と心が決まりました。
もし迷ったままであったなら、手術前も手術後も不安な気持ちでい続けただろうと思います。

コミュニケーションの持つ力は計り知れません。

このコミュニケーションのセンスは、相手や自分自身のことを観察して得られた気づきを現場で
応用していくことで向上します。
例えば「他にありませんか?」と言えば、全ての患者さんが自分の思いを話すわけではありません。
センスがあれば、「まだ何かありそうだな」と感じた時には
「言おうと思っていて言いそびれたことはないですか?」と声をかけてみようと言葉かけを工夫したり
話しやすい関係づくりを心がけるようになるのです。

しかし、一人ひとり人が体験することには限りがあります。
仲間の体験を聴くことからも「気づき」を得てセンスを磨くことができます。
研修やミーティングは仲間の体験を聴くよい機会です。

その際には
「話を聴く人が他の人の体験を自分事として聴くことができる」
「体験を話す人が悩みや失敗など話しにくいことも今後の医療の質の向上のために持ち出す
 ことができる」
「『あなたが間違っている』など否定や評価をされない」
「一方的に正論を言われたり、指導されない」
と参加者が感じる空間であることが重要です。

これは患者さんと医療者の関係でも同じです。
私自身も患者として体験したように、
患者さんは医療者を信頼し、何でも話すことができると感じている。
医療者は患者さんの話をしっかり聴き、一方的に指示を出したり決めつけない。
このようなコミュニケーションによって患者さんは病気と向き合い、主体的に取り組むことに
繋がっていきます。

治療やケアをより効果的に届けていただくために、コミュニケーションの持つ力を感じていただき、
センスを向上させる機会。あなたのことを尊重していますというホスピタリティの心を言葉や行動で
表現するマナーを身につける機会を
クリアコミュニケーションでは提供しています。

プロフィール

心を開くコミュニケーション講座

更新履歴

14/5/1

新刊心をつかむ医療コミュニケーションが発売されました。 just ask . ask synonym . .

Page Topへ